外科治療2000年7月号
(Vol.83 No.1)
(本体価格2,300円)
特集
肝細胞癌の診断と治療
最近の進歩
超音波血流画像による肝細胞癌の診断 工藤 正俊
血管造影CTによる肝細胞癌の診断 上田 和彦
肝細胞癌の診断におけるMRIの進歩 岡田 吉隆
腹腔鏡下肝切除術の意義 肝癌に対する低侵襲手術 若林 剛
肝細胞癌治療における内視鏡下マイクロ波凝固療法の位置づけ 別府 透
肝細胞癌に対するPRFA(経皮的ラジオ波熱焼灼療法) 久富順次郎
肝細胞癌の減量手術−その考え方 小山 研二
肝細胞癌に対するIFN併用化学療法 江口 英利
肝細胞癌に対するドプラガイド下経皮的担癌領域梗塞療法 今村 雅俊
今日の問題 胃上部癌に対する機能面からみた術式の選択 三輪 晃一
手術手技 腹腔鏡下大腸手術の基本手技 右側結腸癌に対する腹腔鏡下手術 奥田 準二
教室の今日 福島県立医科大学医学部第1外科学教室
グラフ
悪性腫瘍の画像診断
肺の悪性腫瘍 すりガラス状陰影を示す腺癌 児玉 憲
術前術後管理 ベッドサイドで必要な外科基本手技と管理指針− 気道確保と人工呼吸器装着・管理 中山 雅康
日常診療の指針 下血の診断と検査の進め方 上野 雅資
内視鏡外科手術の現況と将来 山川 達郎
帯状疱疹の治療 本田まりこ
結腸憩室症の取り扱い方 今村 清子
外科と薬剤 日常診療に必要な薬剤の知識とその使い方−抗癌剤 峠 哲哉
臨 床 腹腔鏡下胆嚢摘出術 日帰り手術−同日退院について 丹羽 英記
臨床の実際 腹腔鏡下に修復した両側閉塞孔ヘルニアの1例 中川 国利
外科治療2000年7月号

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る