外科治療2001年2月号
(Vol.84 No.2)
(本体価格2,400円)
特集
大腸癌の
低侵襲手術
大腸癌治療の現状と治療法の選択 飯合 恒夫
早期大腸癌に対する内視鏡的治療 船橋 公彦
大腸癌に対する腹腔鏡下手術 関本 貢嗣
小開腹による大腸癌手術−moving window法 中越 享
下部直腸癌に対する肛門括約筋温存術 森田 隆幸
直腸癌に対する経肛門的内視鏡下マイクロサージェリー 赤木 由人
後方アプローチによる直腸癌の手術 高橋 孝
低侵襲経肛門的局所切除術 丸田 守人
進行直腸癌に対する術前放射線療法 小室 安宏
今日の問題 残胃の癌をめぐる諸問題 三輪 晃一
グラフ 悪性腫瘍の画像診断 消化管の悪性腫瘍 2:
スキルス胃癌のSkirrhusとCarcinoma fibrosum
平塚 正弘
内視鏡手術 胆嚢胆管結石に対する新しい治療オプション 近森 文夫
術前術後管理 ベッドサイドで必要な外科基本手技と管理指針:
人工肛門造設とストーマ・ケア2
進藤 勝久
日常診療の
指針
内分泌かく乱物質の考え方 後藤 公宣
下肢の慢性閉塞性動脈疾患とその治療 櫻井 恒久
Mesh plug法によるヘルニア治療 茂木 瑞弘
急性虫垂炎の診療 加藤 高明
卒後講座 マイクロ波凝固療法 9:
肝癌の局所凝固療法におけるクリニカルパス
別府 透
外科と薬剤 日常診療に必要な薬剤の知識とその使い方:
消化管用薬−消化性潰瘍治療薬
井上 正規
臨 床 腎移植後に発生した大腸癌症例の臨床病理学的検討 戎井 力
右側・左側進行結腸癌における臨床病理学的検討 手塚 徹
臨床の実際 転移巣において印環細胞が主体をなした浸潤性乳管癌の1例 遠近 直成
初回診断後,3年9カ月後に切除された肝外発育型肝細胞癌の1例 熊澤 博久
2cm以上の低隆起型粘膜内癌の臨床病理学的検討 山際 裕史
腹腔鏡下肺葉切除術を施行した原発性肺アミロイドーシス症の1例 野坂 誠士
研究速報 早期胃癌患者におけるリンパ節転移予知因子としての血中可溶性・L-2R値 村上 三郎
教室の今日 名古屋大学医学部外科学第2講座
外科治療2001年2月号

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る