外科治療2002年1月号
(Vol.86 No.1)
(本体価格2,400円)
特集
再生医療時代の
 幕開けを知る
再生医療はどこまできたか 廣瀬 哲朗
肝再生-現状と展望 飯室 勇二
膵内分泌細胞の再生-現状と展望 砂村 眞琴
心筋再生-現状と展望 福田 恵一
血管再生-現状と展望 新岡 俊治
皮膚再生-現状と展望 畠 賢一郎
神経再生-現状と展望 清水 慶彦
胚性幹細胞と再生医療 仲野 徹
外科医の再生医療への関わり-人工食道再生医療を中心に- 三木 浩榮
今日の問題 わが国における理想的な外科専門医制度について 門田 康正
手術手技 腹腔鏡下大腸手術手技の最前線9
直腸癌に対する腹腔鏡下手術の新展開
奥田 準二
教室の今日 藤田保健衛生大学病院外科学教室
グラフ 悪性腫瘍の画像診断 消化管の悪性腫瘍13
 肝内胆管癌の画像による肉眼型診断
山田 晃正
内視鏡手術 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘出術 間瀬 隆弘
日常診療の指針 経皮経食道胃管ドレナージ術の適応 大石 英人
在宅緩和医療における消化器外科医の役割 寺島 秀夫
仮性膵嚢胞に対する治療 石井 博
消化器外科における自己血輸血の意義 田中 達郎
外科と薬剤 日常診療に必要な薬剤の知識とその使い方−利 尿 薬 櫻井 薫
形成外科の知識 甲状腺機能亢進症にみる眼症状(甲状腺眼症)の外科治療 久保 盾貴
研究速報 消化器癌におけるDNA修復機構とその破綻の関与 宮崎 耕治
臨床の実際 消化器外科の周術期管理における血中β-D-グルカン測定の意義 下間 正隆
満101歳女性のイレウス合併S状結腸癌手術例の経験 小林 達則
急性気腫性胆嚢炎の1自験例 出口 浩之
外科治療2002年1月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る