外科治療2002年4月号
(Vol.86 No.4)
(本体価格2,400円)
特集
外科医に必要な
重度外傷の初期治療
外傷の分類と重症度評価 井上 貴昭
画像診断の選択と手順 杉山 貢
外来での初期治療の進め方 横田順一朗
重度外傷治療における法的諸問題 岩崎 泰昌
外傷の初期治療の実際
 頭部外傷 堤 晴彦
 顔面外傷 渡辺 尚彦
 胸部外傷 栗本 義彦
 腹部外傷 葛西 猛
 血管外傷 加来 信雄
 腎・泌尿器系損傷 吉田 哲
 脊髄・脊椎損傷 弓削 至
 四肢外傷 山田 裕彦
今日の問題 21世紀を担う外科教育の再構築 平出 敦
日常診療の指針 重症急性膵炎における手術適応と手術時期 武田 和憲
乳癌のホルモン療法 紅林 淳一
グラフ 悪性腫瘍の画像診断 消化管の悪性腫瘍 16
 肝細胞癌の画像による分化度の判定
佐々木 洋
外科医に必要な
形成外科の知識
10.気管・喉頭の形成外科的再建 藤原 貴史
内視鏡手術 胸腔鏡下手術の基本と実際 5
 VATS lobectomyの基本と実際
安藤 陽夫
臨 床 大腸癌患者の在宅医療の現状と展望 高橋 慶一
外科治療2002年4月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る