外科治療2003年1月号
(Vol.88 No.1)
(本体価格2,400円)
特集
増え続ける重症急性膵炎
 診断と治療の最近の進歩
重症急性膵炎はなぜ予後不良なのか 小川 道雄
病歴と臨床徴候で何に気をつけるか 野見山陽子
血液検査は何を行うか? 成瀬  達
画像検査はどのように行うか 森  俊幸
急性膵炎の重症度をどのように判定するか 広田 昌彦
重症急性膵炎と診断したらどのような治療戦略をたてるか 木村  理
積極的維持療法 崎尾 秀彰
重症急性膵炎に対する膵局所動注療法の意義 武田 和憲
CHDF(持続的血液濾過透析)による重症急性膵炎の治療 平澤 博之
重症急性膵炎における腹膜灌流の原理と適応 竹山 宜典
重症急性膵炎に対する外科的治療 長田 拓哉
重症急性膵炎の医療費公費負担制度 広田 昌彦
重症急性膵炎と医事紛争 深谷  翼
今日の問題 膵癌の治療戦略―分子生物学的アプローチによる血行性転移の予測− 高尾 尊身
外科局所解剖マニュアル 5.結腸切除に必要な局所解剖 畠山 勝義
日常診療の指針 甲状腺・副甲状腺疾患に対する遺伝子診断システム 内野 眞也
Cushing症候群の治療 玉木 康博
乳癌手術におけるリンパ節郭清は有用か 三瀬 圭一
肺癌における磁性体を用いたセンチネルリンパ節同定 南谷 佳弘
グラフ 救急領域のCT画像1 
 救急領域の胸腹部骨盤 CT scanの撮影方法
田中礼一郎
教室の今日 昭和大学医学部第1外科学教室
内視鏡手術 腹腔鏡下膵切離術 松本 敏文
外科と薬剤 日常診療に必要な薬剤の知識とその使い方
 高カロリー輸液製剤
井上 善文
外科治療2003年1月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る