外科治療2003年8月号
(Vol.89 No.2)
(本体価格2,400円)
特集
肝細胞癌の外科
      
わが国の肝細胞癌 −疫学、発生・病理から予防まで− 沖田  極
肝細胞癌の画像診断 吉川  淳
肝細胞癌に対する治療方針 坂口 孝作
肝細胞癌における局所治療 今村 雅俊
肝細胞癌に対する肝動脈塞栓療法-IVR-CTを用いたtargeted TAEの有用性- 高安 賢一
残肝機能から見た肝細胞癌の手術適応 三木 健司
肝細胞癌に対する定型的肝切除術 寺嶋 宏明
Stage IV肝癌に対する治療 丸橋  繁
肝細胞癌に対する切除後再発予防 久保 正二
肝細胞癌に対する肝移植の適応と限界 木内 哲也
今日の問題 微小転移診断・治療の臨床応用におけるトランスレーショナルリサーチの重要性 山本 浩文
グ ラ フ 救急領域のCT画像 8
 骨盤骨折(・)
当麻 美樹
日常診療の指針 脳神経外科救急医療におけるインフォームドコンセント-説明,説明,そして説明- 唐澤 秀治
腹腔鏡下胆嚢摘出術における偶発症とその対策 中川 国利
局所解剖 甲状腺手術に必要な局所解剖 高見  博
手術手技 潰瘍性大腸炎の手術手技 鮫島 伸一
座 談 会 進行・再発胃癌の化学療法の現状と今後の展望 佐々木常雄
臨  床 開腹既往症例に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術の検討-開腹移行の要因は何か?- 板野  聡
外科治療2003年8月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る