外科治療2003年9月号
(Vol.89 No.3)
(本体価格2,400円)
特集
ここまできた炎症性腸疾患の治療
炎症性腸疾患とはどのような疾患か-概念,成因,経過- 日比 紀文
炎症性腸疾患の診断と重症度判定 棟方 昭博
炎症性腸疾患の薬物療法 松井 敏幸
炎症性腸疾患に対する細胞成分除去療法 福永  健
クローン病の抗TNF-α抗体による治療 松本 誉之
クローン病に対する在宅経腸栄養法 和佐 勝史
炎症性腸疾患の外科的治療−適応と方法− 三木 誓雄
炎症性腸疾患に対する腹腔鏡下手術 小島 正幸
今日の問題 スキルス胃癌:細胞外マトリックスを標的とした新しい治療は可能か? 松井 英男
手術手技 胃外科手術 3
 胃全摘
辻谷 俊一
グ ラ フ 救急領域のCT画像 9
 骨盤骨折(・)
当麻 美樹
局所解剖 肺・縦隔手術に必要な局所解剖 菅谷 将一
内視鏡手術 腹腔鏡下脾臓摘出術後の門脈系血栓症 池田 正孝
日常診療の指針 脳死判定における補助診断の意義 佐藤  章
肝臓外科領域における遺伝子治療応用の展望 平野 公通
膵癌補助療法の現状と将来 砂村 眞琴
大腸sm癌に対する治療戦略−EMRか腸切除かの合理的選択− 緒方 俊二
消化器外科とクリニカルパス 肝切除術とクリニカルパス 本田 五郎
教室の今日 自治医科大学外科学講座消化器外科学部門
臨床の実際
再発鼠径ヘルニアに対しクーゲルパッチを用いた2症例 岡崎  誠
高Ca血症クリーゼにて搬送された局所進行乳癌の1例 長田 啓嗣
外科治療2003年9月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る