外科治療2005年5月号
(Vol.92 No.5)
定価 2,520円(本体2,400円+税)
特集
侵襲後の臓器不全
予防と治療-最近の進歩
侵襲後になぜ臓器不全が発生しやすいか 小川 道雄
臓器不全の診断基準と重症度判定法 松嵜志穂里
侵襲後の臓器不全の発生をどのように予防するか 大島 秀紀
臓器不全の治療-どのように行っているか
 呼 吸 不 全 夜久 英明
 循 環 不 全 籏   厚
 肝 不 全 武田  裕
 侵襲後の急性腎不全とその治療 中  敏夫
 消化管不全 中房 祐司
 血液凝固異常 丸藤  哲
 侵襲後の免疫不全−病態と治療 硲  彰一
グラフ 救急領域のCT画像 24
  頭 部 外 傷
塩崎 忠彦
手術手技 呼吸器外科専門医を志す外科医のための最新手術手技
 4. 右下葉切除・中下葉切除術
山崎 明男
日常診療の指針 胎児診断における小児外科の役割 米倉 竹夫
肝内結石症治療法の開発 吉原 秀一
下肢閉塞性動脈硬化症の各種治療法の適応と限界 正木 久男
分子生物学と外科 分子生物学と外科 11
 癌転移の分子機構
松浦 成昭
ストーマリハビリテーション マスターしておきたい「ストーマリハビリテーション」 13
  性機能障害・性学概論
進藤 勝久
書 評 「系統小児外科学」改訂第2版 書評 角田 昭夫
外科治療2005年5月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る