外科治療2005年7月号
(Vol.93 No.1)
定価 2,520円(本体2,400円+税)
特集
肝細胞癌-今日の治療戦略-
診断と治療のガイド・ラインについて 國土 典宏
肝癌の病期分類の現状と問題点 工藤 正俊
肝癌の病理−最近の話題− 神代 正道
肝癌の画像診断−外科医のために− 中曽根 豊
肝癌の治療戦略
  治療手段の選択 川下 雄丈
  経皮的肝癌治療 泉  並木
  動注化学療法,動脈塞栓術の位置付け 本間 久登
  肝切除が適応となる肝癌とその成績 佐々木 洋
  Stage IV肝癌の治療と再発予防 左近 賢人
  肝癌に対する免疫治療の役割 金本  彰
  肝癌に対する肝移植 藤本 康弘
肝癌治療のインフォームド・コンセント 黒川 典枝
今日の問題 乳癌画像診断の進歩とLTFによる乳房温存療法 甘利 正和
手術手技 漏斗胸に対する低侵襲手術(Nuss法) 三浦  隆
日常診療の指針 セプラフィルムは術後腹腔内感染合併症を悪化させない 内田 恵一
大腸癌治療体系における腹腔鏡下手術の役割 福永 正氣
内視鏡手術 腹腔鏡下Collis-Nissen噴門形成術 柏木 秀幸
手術手技 呼吸器外科専門医を志す外科医のための最新手術手技
  5.左上葉切除術
王  志明
臨床 80歳以上の超高齢者における腹部緊急手術例の検討-とくにPOSSUM scoreの有用性について 田中 恒夫
臨床の実際 腹壁瘢痕ヘルニアに対するComposix Kugel Patchの使用経験 篠崎 幸司
緩下剤bisacodyl大量服用中止後に高度の浮腫をきたした慢性便秘症の1例 野村 昌哉
書評 中島龍夫 著 「よくわかる子どものための形成外科」 光嶋  勲
外科治療2005年7月号

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る