外科治療2005年10月号
(Vol.93 No.4)
定価 2,520円(本体2,400円+税)
特集
増え続ける肺癌
―治療成績を向上させるために―
わが国の肺癌の最近の動向 土屋 了介
肺癌検診の現状 曾根 脩輔
肺癌の診断
 肺癌CT診断の現況 酒井 文和
 腫瘍マーカー 大下慎一郎
 組織診,細胞診 本田 孝行
肺癌の治療法とその選択 白日 高歩
肺癌に対する標準的根治手術 板東  徹
肺癌に対する胸腔鏡下手術の適応と手技 森川 利昭
末梢小型肺癌に対するアプローチ 岡田 守人
肺癌術後の合併症とその対策 沼波 宏樹
肺小細胞癌に対する治療法とその選択 野田 和正
肺癌に対する化学療法の実際 小暮 啓人
肺癌治療のトピックス  
 分子標的治療 長谷川喜一
 胸部悪性腫瘍に対するラジオ波(RFA)およびマイクロ(MCT)治療 佐野 由文
 中枢気道狭窄に対する内視鏡下治療 古川 欣也
日常診療の指針 肺門部早期肺癌に対する光線力学的治療の適応基準 原田 匡彦
術前内分泌療法と乳房温存療法 明石 定子
胆道癌におけるHPDの適応 若井 俊文
今日の問題 これからの手術教育 森  俊幸
手 術 手 技 乳癌手術における安全な乳頭温存法 粉川 庸三
臨床の実際 経皮的乳管内色素注入による腺葉区域切除にて診断しえた非浸潤性乳管癌の1例 大田 浩司
隣接回腸に穿通を認めたMeckel憩室の1手術例 高嶋 成輝
外科治療2005年10月号

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る