外科治療 2007年7月号 定価2625円(本体2500円+税5%)


特集:外科医が知っておくべき IVRのすべて

 IVRの歴史,現況,展望 ……… 古井  滋

 消化管におけるIVRの適応と限界
  消化管狭窄に対するIVR ……… 吉岡 哲也
  消化管出血に対する経カテーテル治療(IVR) ……… 岡崎 正敏

 肝胆膵領域におけるIVRの適応と限界
  閉塞性黄疸に対するIVR ……… 伊神 剛
  肝細胞癌治療としてのIVR ……… 村上 卓道
  門脈圧亢進症に対するIVR ……… 中村 健治

 心血管領域におけるIVRの適応と限界
  大動脈・末梢血管に対するIVR ……… 槙村  進
  深部静脈血栓症に対するIVR ……… 田島 廣之

 その他の病態におけるIVRの適応と限界
  気道狭窄に対するIVR ……… 小川 健二
  外傷に対するIVR ……… 西巻  博

教室の今日
  香川大学医学部呼吸器・乳腺内分泌外科

日常診療の指針
  肝臓外科領域における術後感染症の危険因子とその対策 ……… 坂本 和彦
  待機消化器手術における術後リスク評価 ……… 芳賀 克夫
  幽門輪保存胃切除術術後消化管機能とQOL ……… 西田 俊朗

外科感染症の予防と治療
  5.胸部手術の術後感染症 ……… 草地 信也

外科医が知っておきたい法律の知識
  16・肺梗塞を巡る裁判例 ……… 田邉  昇

臨床の実際
  FOLFOX療法が有効であった進行回腸癌の1例 ……… 栗原陽次郎

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る