外科治療 2007年8月号 定価2625円(本体2500円+税5%)


特集:レジデントのための 内分泌外科の常識

内分泌外科は何を目指すか ……………………………………………………… 高見  博
甲状腺機能亢進症の診断と治療方針 …………………………………………… 伊藤 公一
多発性内分泌腫瘍の診断と治療 ………………………………………………… 内野 眞也
甲状腺外科的疾患の診断と治療指針 …………………………………………… 植野  映
甲状腺癌の標準手術 ……………………………………………………………… 伊藤 康弘
副甲状腺腫瘍の診断と治療 ……………………………………………………… 佐藤 孝至
副腎腫瘍の診断と治療 …………………………………………………………… 飯原 雅季
膵内分泌腫瘍の診断と治療 ……………………………………………………… 土井隆一郎


今日の問題
  NSTの現状と将来 ………………………………………………………… 大柳 治正

胃癌治療の新しいエビデンスを求めて−臨床試験の取り組み−
  HGCSG(北海道消化器癌化学療法研究会)での取り組みと現状 … 小松 嘉人

日常診療の指針
  日帰り手術の問題点 ………………………………………………………… 福島 久喜
  EBMに基づいた合理的な手術室感染対策 ……………………………… 針原  康
  甲状腺分化癌の予防的リンパ節郭清の意義 ……………………………… 鈴木 眞一

内視鏡手術
  癒着性イレウスに対する内視鏡手術の有用性
   —その手技の成績と適応および限界— ………………………………… 林   賢

消化器外科における手術手技の変遷
  噴門側胃切除 ………………………………………………………………… 岡島 邦雄

臨床の実際
  トウモロコシ穂軸による食道異物の1例 ………………………………… 林  泰寛


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る