外科治療 2007年9月号 定価2625円(本体2500円+税5%)


特集:膵癌の診断と治療

膵癌の早期診断は可能か?
 高危険群から ………………………………………………………………………… 山口 幸二
 画像診断から ………………………………………………………………………… 首藤利英子
 FDG・PET ……………………………………………………………………… 土井隆一郎
 遺伝子解析から ……………………………………………………………………… 信川 文誠
 腫瘍マーカー ………………………………………………………………………… 渡邊 弘之
膵癌の病理 ……………………………………………………………………………… 伴  慎一
膵癌治療ガイドラインについて ……………………………………………………… 竹田  伸
MCNとIPMNの治療方針 ………………………………………………………… 鈴木  裕
膵癌外科治療の現状と将来 …………………………………………………………… 石川  治
膵癌の化学療法 ………………………………………………………………………… 森実 千種
膵癌の放射線化学療法 ………………………………………………………………… 中森 正二
膵癌に対する重粒子線照射治療 ……………………………………………………… 吉田 雅博



今日の問題
 乳癌の術前補助療法—現状と未来— ……………………………………………… 青儀健二郎

日常診療の指針
 食道癌リンパ節郭清の限界 ………………………………………………………… 末吉  晋
 大腸癌イレウスに対する金属ステント療法の現状 ……………………………… 斉田 芳久

術前術後管理 ベッドサイドで必要な外科基本手技と管理指針
 胃瘻・空腸瘻造設術とその管理 …………………………………………………… 中村 陽一

胃癌治療の新しいエビデンスを求めて−臨床試験の取り組み−
 CCOGでの取り組みと現状 ………………………………………………………… 小寺 泰弘

外科医が知っておきたい法律の知識
 17.平成18年度医療訴訟統計 ………………………………………………… 田邉  昇

臨床の実際
 断端近傍ブラ再発による気胸のため,短期間に3回の胸腔鏡下手術を行った
  若年女性自然気胸の1例  ……………………………………………………… 的場 保巳


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る