外科治療 2008年4月号 定価2625円(本体2500円+税5%)

特集:知っておくべき Poor Risk患者の周術期管理


内科慢性疾患を持つ手術患者のリスク評価  (芳賀 克夫・他)

高血圧患者の周術期管理  (稲田 英一)

心疾患・不整脈患者の周術期管理  (山崎 元成・他)

呼吸器疾患合併患者の周術期管理  (奥村 明之進・他)

肝障害患者の周術期管理  (田中 知行・他)

糖尿病患者の周術期管理  (吉田  寛・他)

ステロイド投与患者の周術期管理  (須田 康一・他)

出血傾向,抗凝固薬投与中患者の周術期管理  (長江 恒幸・他)

肥満と周術期管理  (太田 正之・他)

腎不全患者の周術期管理  (三浦 文彦・他)



消化器外科における手術手技の変遷
  胆管癌手術  (土屋 凉一)

日常診療の指針
  直腸癌局所再発の治療戦略  (高橋 慶一・他)
  腹腔鏡下胃切除術は標準手術となり得るか?  (小嶋 一幸・他)

手術手技
  潰瘍性大腸炎の腸管肛門吻合における器械吻合と手縫い吻合  (渡邉 聡明)
  結腸ループストーマ造設術  (橋爪  正・他)

医療現場とマネジメント
  3.ブリコラージュの概念  (石井 淳蔵・他)

外科感染症の予防と治療
  外科感染症の予防と治療 10.MDRP対策とそこから見えてくる個室/集団管理のあり方  (草地 信也・他)

外科医が知っておきたい法律の知識
  23.「とばっちり2」使用者責任・監督責任  (田邉  昇)

臨床の実際
  孤立性浅大腿動脈瘤の一例  (柏崎  暁・他)
  放線菌症と考えられた腹腔内腫瘤の一例  (安食  隆・他)
カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る