外科治療 2009年8月号 定価2625円(本体2500円+税5%)

特集 外科医が知っておくべき 症状緩和のエッセンス


上部消化管手術:臓器剥離・止血術  (山崎  誠・他)

症状マネジメントの考え方  (沖代 奈央)

がん性疼痛の評価と治療−基本的知識と処方のコツ−  (木内 大佑)

嘔気・嘔吐をおさえるコツ  (小林 和真)

腹膜播種によるイレウス症状と腹水コントロールのコツ  (高橋 慶一)

リンパ浮腫による症状のコントロールのコツ  (平井 正文)

終末期がん患者に対する輸液治療  (森田 達也)

症状緩和治療における病診連携と在宅医療  (宮下 光令)




日常診療の指針
 大腸癌手術における創感染対策  (荻野 崇之)
 肝異時性多発癌に対する治療戦略  (小林  聡)
 小児下血例に対する対応  (村岡いづみ)

今日の問題
 直腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状と将来  (伊藤 雅昭)

消化器外科における 手術手技の変遷
 非開胸食道切除  (遠藤 光夫)

外科医が知っておきたい法律の知識
 38.他科受診  (田邉  昇)

臨床の実際
 CTの経時的検討により診断しえた手術創部腹膜に発生した
  肝細胞癌単発腹膜転移の一切除例  (尾辻 英彦)



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る