外科治療 2009年10月号 定価 2,625円(本体 2,500円+税5%)

特集 増え続ける大腸癌-基礎から臨床まで-


ICに役立つ大腸癌の疫学データ  (固武健二郎)

これまでにわかっている大腸癌の発癌  (鄭  充善)

大腸がん検診は予後の改善(死亡率減少)に寄与するか  (斎藤  博)

表面型病変に対する一括切除のコツとピットフォール  (富永 素矢)

結腸癌に対する腹腔鏡手術は標準治療となったのか  (池田  聡)

QOLを考慮した下部直腸癌の外科治療  (高橋 慶一)

術後サーベイランスは予後の改善に寄与するか  (石黒めぐみ)

切除不能進行・再発大腸癌の化学療法-分子標的薬登場後の標準的治療戦略-   (吉田 元樹)

周術期の補助療法-どのような症例に必要か-  (石原聡一郎)




日常診療の指針
 教室における腹腔鏡下大腸手術の教育法  (関本 貢嗣)
 胆嚢癌に対する術式構築のシンプルな考え方-R0 with D2-  (横溝  博)
 消化器外科術後閉鎖式ドレーンの留置期間の功罪  (松下 弘雄)

今日の問題
 クローン病外科治療の現況と問題点  (舟山 裕士)

外科医が知っておきたい法律の知識
 39. 2009年医療訴訟統計  (田邉  昇)

臨床の実際
 食道癌化学療法中にWernicke脳症を発症した一例  (猶本 良夫)



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る