外科治療 2010年9月号 定価 2,730円(本体 2,600円+税5%)

特集 重症腹部外傷の外科


重症外傷の初期診療
 −外傷初期診療理論と外科医の役割− … 大友 康裕

重症腹部外傷の手術−一般定時手術との違い,開腹時の
 critical decision− ………………………… 溝端 康光

重症腹部外傷手術の術前管理 ……………… 玉井 文洋

ダメージコントロールサージェリーの
 判断と術式 ………………………………… 久志本成樹

肝損傷の標準術式 …………………………… 北野 光秀

脾 損 傷 …………………………………… 今  明秀

膵損傷・十二指腸損傷 ……………………… 井上 潤一

腸管・腸間膜損傷 …………………………… 小濱 圭祐

腎・膀胱損傷 ………………………………… 当麻 美樹

腹部大血管損傷 ……………………………… 窪田 忠夫



手 術 手 技
 脾温存膵体尾部切除術 …………………… 木村  理

臨   床
 静脈血栓塞栓症の予防 …………………… 左近 賢人

臨床の実際
 経過観察中に形態変化をきたした
  横行結腸脂肪腫の一例 ………………… 高久 秀哉


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る