外科治療 2010年12月号 定価 2,730円(本体 2,600円+税5%)

特集 外科臨床に必要な 漢方治療の知識


外科臨床に取り入れたい漢方治療とエビデンス  (河野  透)

上腹部愁訴に対する漢方治療−機能性上部消化管疾患と六君子湯−  (三輪 洋人)

腸管運動異常に対する漢方治療  (今津 嘉宏)

肝胆膵疾患に対する漢方治療  (澤田 成朗)

排尿異常に対する漢方治療  (岩崎 一洋)

術後栄養・免疫状態改善のための漢方治療  (尾山 勝信)

術後障害に対する漢方治療  (宇都宮 徹)

癌化学療法や放射線療法に併用する漢方薬治療  (佐々木 一晃)

抗がん剤治療の副作用に対する漢方治療  (持木 彫人)

緩和医療における漢方の役割  (星野 惠津夫)



今日の問題
 肺癌リンパ節郭清の変遷と現状  (横見瀬 裕保)

内視鏡手術
 完全直腸脱に対する腹腔鏡下Wells変法直腸固定術  (大塚 幸喜)
 右側結腸癌に対する腹腔鏡手術のコツ  (惠木 浩之)

外科医が知っておきたい法律の知識
 ICG,血管造影は花粉症患者には禁忌か−Judge based medicine の恐怖−  (田邉  昇)

臨   床
 救命救急領域における抗菌薬の適正使用  (佐々木 淳一)

臨床の実際
 子宮広間膜裂孔ヘルニアの一例  (村林  亮)


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る