臨床脳波98年10月号
(本体価格 2,100円)
今月のテーマ
脳磁図の有用性と限界
脳磁図の電源推定における問題点 上野 照剛
高次脳機能研究における脳磁図の有用性と問題点 逵本 徹
臨床診断における脳磁図の有用性と限界 山本 智矢
脳波・筋電図の臨床 精神分裂病の事象関連電位3dトポグラフィ 外間 宏人
視覚疲労が各種P300に与える影響-Visual display terminal(VDT)データ入力作業での検討- 中野 修治
軸索反射性発汗(QSART)とSSRを用いた交感神経節後線維機能の比較-早期糖尿病性神経障害における検討- 嶋田 裕之
糖尿病性ニューロパチーの進行と腓骨神経障害の頻度 上田 直久
目から学ぶ脳波 小児疾患と脳波 4.小児欠神てんかん 梶谷 喬
入門講座 跳躍伝導(I) 廣田 伸之
症例 中枢神経系症状に一致して脳波所見が推移したHIV感染の1例 荒井 りさ
側頭葉内側部にdysplastic glioneural lesionを認めた視床下部神経膠腫の脳波・皮質電位所見 森岡 隆人
インフルエンザ脳症後,驚愕てんかんを呈した2例 大府 正治
臨床脳波98年10月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る