臨床脳波99年12月号 (本体価格2,100円)
今月のテーマ
脳死判定の諸問題
脳死患者における脳死の臨床診断と脳波判読 廣瀬源二郎
主治医としての臨床的脳死診断 片山 容一
子どもの脳死 竹下 研三
脳波・筋電図の臨床 大きな音刺激による大脳運動野抑制効果 古林 俊晃
乳児期から思春期におけるFmθの変化について 石原 務
ごく軽い眠気による光駆動反応の変化 南部 裕子
高齢者にみられる一過性ミオクローヌス状態の臨床的・生理学的検討 大熊 泰之
熱性けいれんの脳波 一條 貞雄
入門講座 筋疾患の電気診断学(2) 花山 耕三
症 例 有機燐中毒患者筋電図の経時的変化 幸原 伸夫
被爆による外傷性てんかんの1手術例 森岡 隆人
Speech arrestとiterative vocalizationを主症状とした補足運動野発作の1例 大沼 歩
自立神経症状を繰り返し脳波上の6Hz陽性棘波と視床の血流増加を示した1症例 秋山 一文
臨床脳波99年12月号

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る