臨床脳波2001年5月号
(Vol.43 No.5)

(本体価格2,200円)
今月のテーマ
各種疾患における脳波の
有用性と問題点
早産児における脳波の有用性 渡辺 一功
急性期医療における脳波検査の意義 構木 睦男
救急集中治療における脳波モニターの問題点 守谷 俊
小児精神神経疾患にみられるてんかん性異常脳波の臨床的意義 渡辺 裕子
脳波・筋電図の臨床 双極子追跡法の確実性と呼吸情動関連脳電位の起源推定 本間 生夫
閉塞性睡眠呼吸障害における微小覚醒反応と脈拍数増加との関連 三上 章良
前脛骨筋と短趾伸筋から得られる複合筋活動電位の比較 長谷川 修
α波帯域事象関連脱同期反応へのガボールフィルターの応用について 須藤 武行
目から学ぶ脳波 小児てんかんと脳波 5.症候性局在関連てんかん 福島 克之
症 例 寛解に伴い脳波コヒーレンス値が変化した大うつ病性障害の1例 武田 務
Huntington病の睡眠障害における高照度光療法の影響 上田 敏朗
直前に部分発作が先行するepileptic spasmsを呈した異所性灰白質の1例 岸 高正
臨床脳波2001年5月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る