臨床脳波2002年1月号
(Vol.44 No.1)

(本体価格2,200円)
今月のテーマ
脳死判定
脳死判定・臓器提供における問題点とリスクマネジメント 唐澤 秀治
日本における脳死判定時脳波の諸問題 橋本 修治
子どもの脳死−国際的な視点から− 宮林 郁子
脳波・筋電図の
臨床
HAM症例の神経生理学的所見の検討 橋本 朋子
三叉神経領域の体性感覚誘発反応一次皮質成分 中里 信和
fMRIと脳波の同時期録法を用いた覚醒水準モニタリング 松田 哲也
睡眠時随伴症の診断と治療(1)睡眠時随伴症の概念 野沢 胤美
目から学ぶ脳波 小児神経領域におけるポピュラーな疾患 5.熱性けいれん 安原 昭博
入門講座 ジストニーとミオクローヌスの発生機序(2)ミオクローヌス 村瀬 永子
症 例 運動誘発電位(MEP)を両側同時期録した頸椎症性脊髄症の症例 青木 孝文
難治性の多発性単神経炎を呈したライム病の1例 大久保由希子
脳磁図で棘波の奇異性分布を証明し得た持続部分てんかんの1例 大石 文芽
Martin-Grauber吻合と運動神経伝導検査 長谷川 修
臨床脳波2002年1月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る