臨床脳波2002年5月号
(Vol.44 No.5)

(本体価格2,200円)
今月のテーマ
痛みの神経生理
侵害受容の中枢機序 岩田 幸一
痛みと交感神経 小川 節郎
表皮内電気刺激法による痛覚関連誘発脳電位と脳磁場 乾 幸二
脳波・筋電図の
臨床
体制感覚野高周波振動の機能的意義 田野崎真人
脳死判定時における平坦脳波について 星田 徹
脳磁図で推定したてんかん焦点と発作症状との関連性 服部 英司
浅腓骨神経の感覚神経伝導検査−近位部と遠位部の比較− 高橋 宣成
S2神経伝導速度の術中測定法 小倉 卓
睡眠時随伴症の診断と治療(5)夜間発作性ジストニア 加藤 昌明
脳波技術講座 脳波記録技術の理論的基礎(3) 橋本 修治
症 例 一過性てんかん健忘症(TEA)の一例−臨床特徴と神経生理学的所見を中心に− 田邊 綾
単発経頭蓋磁気刺激療法の脊髄小脳変性症への検討 野村 哲志
臨床脳波2002年5月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る