臨床脳波2004年2月号
(Vol.46 No.2)

(本体価格2,200円)
今月のテーマ
MEGの逆問題解法
単一ダイポール法による脳磁場発生源の推定−移動するダイポールと2つの電流原による見かけのダイポール移動について− 尾崎  勇
空間フィルター法(SAM)による脳活動の解析 加藤 天美
Adaptive beamformerを用いた信号源の再構成―前提条件と問題点について― 関原 謙介
脳波・筋電図の臨床 磁気的てんかん波形解析の簡便な方法 橋詰  顕
片側顔面けいれんでは瞬目反射で口輪筋にR1 and/or R2の振幅増大とスパスムを生じる 河島 江美
事象関連電位からみたParkinson病の潜在記憶 立花 久大
周波数分析を用いた自発脳磁界の局所的律動波成分の表示 畑中 啓作
目から学ぶ脳波 小児疾患と脳波 1.
  小児もやもや病の脳波と脳循環・代謝
田川 哲三
入 門 講 座 睡眠を調節する神経機構(2) 小山 純正
症   例 初診時にパニック障害と診断されたが部分てんかんであることが判明した一例 片山 規央
妊娠を契機に処方変更された若年性ミオクロニーてんかん症例 前川 敏彦
臨床脳波2004年2月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る