臨床脳波2005年5月号
(Vol.47 No.5)

定価 2,310円(本体2,200円+税)
今月のテーマ
F波に関する最近の知見
経頭蓋磁気刺激関連F波(TRF: TMS related F-wave)の特徴 衛藤 誠二
持続的筋安静に伴う前角細胞興奮性の変化:F波の大きさを用いた大小の前角細胞の検討 岡田 文明
F波の分類と随意収縮で検出される運動単位活動電位との比較 山田 雅史
F波を用いた脊髄運動ニューロン機能の評価 小森 哲夫
脳波・筋電図の臨床 高次脳機能障害としての精神疾患におけるNIRS 福田 正人
単語黙読に伴う局所的脳律動変化のSAM・BESA解析とその臨床応用 平田 雅之
rTMSのうつ病への臨床応用 鬼頭 伸輔
脛骨神経における遠位部・近位部刺激の複合筋活動電位振幅の比較検討 高野 良二
目から学ぶ脳波 精神科疾患と脳波 3
  精神科でみられた小鋭棘波(SSS)
武田  務
入門講座 上肢運動機能測定法(1)
  パーキンソン病患者の反応運動に対する定量的評価
村山 伸樹
症 例 炭酸リチウム中毒による意識障害を来した一症例(校正等連絡は磯谷俊明先生@亀廣記念病院) 吉村 匡史
臨床脳波2005年5月号



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る