臨床脳波2006年2月号
今月のテーマ:末梢神経

定価2310円(本体2200円+税5%)


軸索型ギラン・バレー症候群における
 神経伝導異常のパターンと経時的変化            平賀 陽之
Guillain-Barre症候群小児例の
 電気生理学的所見の検討                  上原 明子
振動障害患者における末梢神経障害と神経伝導検査       水野 勝広
髄節性感覚障害を呈する末梢神経障害の感覚神経伝導検査    椎尾  康


<脳波・筋電図の臨床>
 Epileptic spasmsの発作時脳波における
  極高周波律動の周波数分析に関する検討          小林 勝弘
 先天性と後天性小脳障害における運動関連脳電位       北村 純一
 頸椎症性脊髄症におけるF波出現様式の多様性        青木 孝文
 小脳橋角部病変の聴性脳幹反応
  ー聴力正常でV波が不明瞭になる理由ー          高嶋 浩一
 脳波検査室のあり方(1)
  単科病院における脳波検査室のあり方           末永 和栄


<目から学ぶ脳波>
 脳神経外科手術と脳波・誘発電位
 2.脊髄腫瘍手術の電気生理学的モニタリング        永岡 右章


<症例>
 著明な入眠時ミオクローヌスを認めた
  6歳発症のナルコレプシー1女児例            橋本 邦生


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る