臨床脳波2006年3月号
今月のテーマ:眼球運動

定価2310円(本体2200円+税5%)


行動生理学的手法を用いた眼球運動検査システムの開発     福田 秀樹
動作における眼と手の協調関係について            寺尾 安生
統合失調症の滑動性追跡眼球運動障害に対する
 認知行動療法の効果の持続性とその効果に及ぼす要因の検討  神山 峰由
母子を提示写真とした統合失調症患者の探索眼球運動の特徴   川辺千津子


<脳波・筋電図の臨床>
 高次機能がかかわるサッケードの反応時間の
  頸背部筋振動刺激による変化               藤原 勝夫
 視覚誘発電位と視覚性事象関連電位を用いた
  色覚認知に関する研究                  吉浜  淳
 慢性チック障害の神経生理学的研究             宮崎 雅仁


<入門講座>
 痙縮(1)ーその病態生理ー                正門 由久


<卒後講座>
 新生児脳波でわかることー早産児を中心にー         奥村 彰久


<目から学ぶ脳波>
 脳神経外科手術と脳波・誘発電位
  3.頭蓋底腫瘍手術における脳神経マッピング       永岡 右章


<症例>
 神経伝導検査における電動ブロック様所見は
  後天性脱髄性疾患だけに特異的?             有村由美子


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る