臨床脳波2007年10月号 定価2310円(本体2200円+税5%)


今月のテーマ:脳血管障害


脳卒中患者の認知障害−事象関連電位による検討 …………………………… 立花 久大

脳血管障害における体性感覚野の被興奮性変化 ……………………………… 文堂 昌彦

脳卒中患者における連合反応と半球間抑制の電気生理学的検討 …………… 補永  薫

脳虚血における自発脳磁界 ……………………………………………………… 大友  智


脳波・筋電図の臨床
 三叉神経刺激誘発電位(TSEP)を用いた
  オトガイ領域知覚神経麻痺の評価 ………………………………………… 南部 裕子
 P300波形と日内変動 ……………………………………………………… 志波  充
入門講座
 機能的電気刺激(2) ………………………………………………………… 松永 俊樹
目から学ぶ脳波・筋電図<神経疾患と筋電図>(3)
 進行性の深部感覚失調をきたした68歳男性 ……………………………… 幸原 伸夫  
臨床神経生理 海外最前線から(9)
 シンシナティ小児病院・神経生理検査室の紹介(2)
  −脳波・脳磁図検査技師の立場から− …………………………………… 藤原 久子
症   例
 塩酸ジフェンヒドラミンの過量服薬により誘発された
  6Hz棘徐波複合が脳波でみられた17歳男性例 ……………………… 関根  威


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る