臨床脳波2007年9月号 定価2310円(本体2200円+税5%)


今月のテーマ:筋電図検査の進歩


Fibrillation potentialの起源について  ……………………………………………… 関口 兼司

ミオトニア症候群と周期性四肢麻痺 ………………………………………………… 中村 友紀

筋電図随意収縮時活動の診断とは? ………………………………………………… 園生 雅弘

脊椎・末梢神経外科において電気生理検査が役立つ場面とは
 −針筋電図を中心に− ……………………………………………………………… 乗上  啓



脳波・筋電図の臨床
 Ballisticな示指伸展運動に伴う運動関連脳磁界と筋電図パターン  …………… 尾崎  勇
 骨髄移植後の副腎皮質ジストロフィー成人例の電気生理学的改善 …………… 人見 健文

入門講座
 機能的電気刺激(1) ……………………………………………………………… 松永 俊樹

目から学ぶ脳波 神経筋疾患と筋電図(2)
 亜急性に四肢脱力をきたした37歳女性 ………………………………………… 幸原 伸夫  

臨床神経生理 海外最前線から(8)
 シンシナティ小児病院・神経生理検査室の紹介(1)
  −脳波・脳磁図検査技師の立場から− ………………………………………… 藤原 久子

症   例
 不安定な遅延直接電位 ……………………………………………………………… 長谷川 修


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る