臨床脳波2008年1月号 定価2310円(本体2200円+税5%)


今月のテーマ:誘発電位検査


陰性ミオクローヌスと誘発電位  (大澤美貴雄)

後角病変と後索病変の鑑別におけるSEPの有用性−頸髄症例の検討から  (高田 博仁・他)

臨床生理学的手法を用いたアルツハイマー病治療の客観的薬効評価  (田中 秀明・他)



脳波・筋電図の臨床
 Triple stimulation techniqueを用いた脊髄小脳変性症,
   パーキンソン類縁疾患での皮質脊髄路機能の検討  (佐久間研司・他)
 視床運動感覚反応に基づく振戦に対する視床手術  (平戸 政史・他)

目から学ぶ脳波  脳神経外科疾患と脳波
 2.酸素吸入光トポグラフィーによる脳虚血診断法  (田中 裕一・他)

入門講座  Brain-Computer Interface(BCI)
 1.種々の脳波解析とこれを用いた意思伝達システム  (村山 伸樹)

症   例
 てんかん重積をきたしPLEDを呈したアルツハイマー病の2症例  (落合 淳・他)
 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)単独欠損症の脳波  (石井みゆき・他)

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る