臨床脳波2008年2月号 定価2310円(本体2200円+税5%)


今月のテーマ:難治性てんかん


小児難治性てんかんの外科治療の適応と予後  (大槻 泰介)

難治性てんかん焦点検索におけるIMZ-SPECTの有用性−脳波所見との比較−  (赤松 直樹・他)

難治性側頭葉てんかんに対する海馬多切術  (一ノ瀬 努・他)



脳波・筋電図の臨床
 多局所ERGと多局所VEPによる視機能評価  (後藤 純信・他)
 統合失調症患者の言語処理の異常について  (太田 克也)
 当科の脳波検査でみられた周期性脳波パターン  (大沼  歩・他)

入門講座
 Brain-Computer Interface(BCI)
  2.われわれが開発を目指す意思伝達会話(BCC)システム  (村山 伸樹)

目から学ぶ脳波
 3.光トポグラフィーによる非侵襲的言語機能の計測  (小黒 恵司・他)

症   例
 進行性下肢脱力をきたした68歳男性例  (上坂 義和)



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る