臨床脳波2008年6月号 定価2310円(本体2200円+税5%)

今月のテーマ:睡 眠 内 省


ヒト睡眠中における時間認知機能と睡眠医学への応用  (有竹 清夏)


Cyclic alternating pattern(CAP)を用いた睡眠の安定性評価  (八木 朝子・他)


部分断眠が認知機能に及ぼす影響  (駒田 陽子・他)





脳波・筋電図の臨床
  錐体外路疾患への磁気刺激の応用  (魚住 武則・他)
  多変数制御装置としての循環中枢
   −心拍数調節と血管抵抗調節の役割分担−  (吉澤  誠・他)
  情報化社会の光と陰を自律神経から解く  (板東 武彦)

入門講座
  脳波と機能画像(2)  (松浦 雅人)

目から学ぶ脳波
  光トポグラフィの開発と今後の研究展開
   —脳波との比較,ブレイン・マシン・インターフェース—  (牧   敦・他)

症   例
  Charles Bonnet Syndromeにおける幻視出現時の律動脳磁場活動の変化  (池澤 浩二・他)


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る