臨床脳波2009年5月号 定価2520円(本体2400円+税5%)

今月のテーマ 脊髄モニタリング



術中脊髄モニタリングの有効性 (川端 茂徳)



体性感覚誘発電位と経頭蓋電気刺激筋誘発電位を用いた術中脊髄モニタリング (齋藤 貴徳)



術中脊髄モニタリングの実態とアラームポイント
 -脊椎脊髄病学会モニタリング委員会による多施設調査- (松山 幸弘)





脳波・筋電図の臨床
 心因性難聴患者の聴性脳幹反応(ABR) (石井みゆき)

入 門 講 座
 ミオトニア症候群と周期性四肢麻痺の電気生理診断(2) (中村 友紀)

デジタル脳波計
 救命救急領域における意識障害患者の予後と脳波 (久保田 稔)

症   例
 軽微な発作症状のため発見が遅れたWest症候群の2例 (瀬島  斉)
 失語症状の改善後ミオクロニー発作を呈するLandau-Kleffner症候群の1例 (石川 暢恒)
 入浴時のけいれんを繰り返し,水の感覚刺激による反射性てんかん(Hot water epilepsy)と
  診断した乳児の1例 (小俣  卓)




カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る