産婦人科治療2003年増刊(Vol.86)
     女性診療科医のための薬物療法マニュアル

特別定価(本体7,000円+税)

総 論 1.薬物療法とQuality of Life 折茂  肇
2.薬物動態を考慮した処方計画 矢野 育子
3.産婦人科領域における最近の化学療法 田坂 慶一
4.妊婦・授乳婦と薬物療法 佐藤 孝道
5.高齢者と薬物療法 玉舎 輝彦
6.周産期における感染症対策 米田  哲
薬 剤 1.女性ホルモン剤 岩佐 弘一
2.抗菌剤 佐藤 文哉
3.抗ウイルス剤 安岡 真奈
4.抗真菌剤 伊藤  章
5.婦人科で用いられる抗癌剤 寒河江 悟
6.止血剤 木戸 道子
7.血液製剤と産婦人科領域における適正な輸血療法 高松 純樹
8.漢方製剤 後山 尚久
周産期の薬物療法 A 妊 娠  
 1.妊娠悪阻の治療 鈴木 正利
 2.切迫早産の治療 保母るつ子
 3.習慣流産の治療 今中 基晴
 4.妊娠中毒症の治療 松原 裕子
 5.子宮内胎児発育遅延(IUGR)の治療 増山  寿
 6.妊婦貧血とその治療 貝原  学
 7.胎児医療 鈴森  薫
 8.糖代謝異常妊産婦の管理 西浦 理佳
 9.心疾患合併妊婦の管理 神藤 已佳
 10.HELLP症候群 水上 尚典
 11.腎疾患合併妊産婦の管理 吉山登志子
 12.感冒・気管支炎合併妊産婦の管理 宮下 義博
 13.甲状腺疾患合併妊産婦の管理 船越  徹
 14.SLE合併妊婦・関節リウマチ合併妊産婦の管理 田嶋  敦
 15.ITP合併妊産婦の管理 伊東 宏晃
B 分 娩  
 1.分娩誘発と陣痛促進 堀内 新司
 2.無痛分娩 西島 正博
 3.前記破水とその対策 平野 秀人
 4.胎児仮死とその対策 米山 芳雄
 5.軟産道強靱とその対策 田中 政信
 6.羊水塞栓症とその対策 大井 豪一
 7.産科ショック,弛緩性出血 尾縣 秀信
 8.子癇とその対策 長岡 理明
 9.産科DICの治療 中林 正雄
C 産 褥  
 1.子宮復古不全 金  栄淳
 2.産褥熱 妹尾 大作
 3.乳汁分泌の抑制と促進 田中 尚子
 4.乳腺炎 市塚 清健
 5.ブレスト授乳と薬 柳沼 
婦人科の薬物療法 A 生殖・不妊・避妊  
 1.ホルモン療法と血栓塞栓症 安達 知子
 2.排卵誘発法 藤江 道子
 3.早発・遅発月経 竹林 浩一
 4.排卵障害 藤原 敏博
 5.原発性無月経 岩下 光利
 6.機能性出血 苛原  稔
 7.月経前緊張症 森川  肇
 8.月経困難症 松木 俊二
 9.黄体機能不全 泉谷 知明
 10.卵巣過剰刺激症候群 柴原 浩章
 11.多嚢胞性卵巣症候群 藤井 俊策
 12.避妊とピル 大山 瑞穂
B 腫 瘍  
 1.子宮筋腫のホルモン療法 藤下  晃
 2.子宮内膜症のホルモン療法 岩部 富夫
 3.子宮頸部腫瘍と薬物療法 塩原 茂樹
 4.子宮体癌と薬物療法 梅咲 直彦
 5.卵巣癌と薬物療法 落合 和徳
C 感染症  
 1.腟炎と外陰炎 武田  卓
 2.性器クラミジア感染症 野口 昌良
 3.性器ヘルペスと尖形コンジローム 川名  尚
 4.淋病・梅毒 菅生 元康
 5.HPV感染症 平井 康夫
D その他   
 1.更年期障害の薬物療法 古謝将一郎
 2.高脂血症 大濱 紘三
 3.骨粗鬆症の治療 正橋 鉄夫
 4.尿失禁とその治療 角  俊幸
 5.乳房痛(mastalgia)に対する臨床的取扱い 土橋 一慶
産婦人科治療2003年増刊 女性診療科医のための薬物療法マニュアル


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る