産婦人科治療 2005年12月号
特集:ART(生殖補助医療)UP TO DATE

定価2520円(本体2400円+税5%)


最近のARTの成績-米国との比較-
生殖医療におけるARTの役割
ARTの施設要件と標準化について
卵子の凍結保存と適用
未成熟卵子の培養法(成績も含めて)
胚盤胞移植の適用
非閉塞性無精子症に対するARTの応用
ARTにおける遺伝性素因の検索
ART移植胚数の適正化と多胎予防
生殖医療カウンセラーの資格と認定制度
着床前胚スクリーニングの必要性
生殖エンジニアリングの応用と将来

<卒後講座>
婦人科医に必要な男性更年期の基礎知識
2.パタニティブルーズ−お産に伴う男性のプレッシャー

<避妊>
産婦人科医におけるピルの知識
1.低用量ピル

<手術手技>
広汎子宮全摘出術における尿管および膀胱支配神経の保存術

<研究速報>
子宮内膜間質細胞のmatrix metalloproteinase-1
産生に及ぼすアンドロゲンの影響に関する研究

<周産期>
帝王切開後の妊娠中期中絶における問題点

<感染症>
当院におけるクラミジア子宮頸管炎に対するアジスロマイシンの臨床的検討

<悪性腫瘍>
正常閉経およびホルモン補充療法の女性における血中CA-125の比較検討


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る