産婦人科治療 2006年10月号
特集:ホルモン療法 UP TO DATE

定価2625円(本体2500円+税5%)


<主要目次>

月経異常とホルモン療法 …………………… 坂田 正博
排卵障害とホルモン療法 …………………… 苛原  稔
ホルモン補充療法をめぐる最新情報 ……… 堂地  勉
WHI報告とホルモン補充療法 …………… 望月 善子
ホルモンと婦人科腫瘍 ……………………… 玉舎 輝彦
ホルモン補充療法とマンモグラフィー …… 原  洋子
ホルモン補充療法と心血管疾患の予防 …… 若槻 明彦
更年期医療におけるSERMの臨床的意義… 谷口 綾亮
ピルの普及とOCガイドライン …………… 倉智 博久
緊急避妊法とその実際 ……………………… 北村 邦夫
GnRHアナログ療法
         −その現状と将来 …… 大石  元
子宮内膜症に対する新しい治療法 ………… 合坂 幸三
低用量経皮エストロゲン製剤と動脈硬化 … 坂下 知久
内分泌かく乱化学物質による女性への影響… 牧野 恒久
性同一性障害とホルモン療法 ……………… 石原  理


私はこうしてる
 FSH低用量漸増法による排卵誘発 …… 黄木 詩麗
 ピルによる避妊 …………………………… 池澤 孝夫
 低用量経口避妊薬(OC)の副効用 …… 出田 和久


名医が手解き 産科手術の基本手技(5)… 平松 祐司
トータルヘルスケアとしての
 更年期医療(10) ……………………… 太田 博明



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る