産婦人科治療 2006年12月号
特集:今,改めて“子宮がん”を考える

定価2625円(本体2500円+税5%)


<主要目次>

わが国のがん診療の現状          垣添 忠生
ホルモンと婦人科腫瘍           玉舎 輝彦
子宮頸部異形成とその対策         植田 政嗣
HPV感染と子宮頸がん−子宮頸がん検診に
 HPV-DNA検査の導入−
                     井上 正樹
HPV感染と危険因子           沖  明典
若年者と子宮がん検診           二神 真行
子宮がん検診の問題点           永井  宏
子宮頸がん治療をめぐる最近の話題     藤原  潔
CIN-MICに対する谷口式円錐切除術
                     谷口 定之
子宮頸部腺がんとその治療         山本嘉一郎
広汎性子宮全摘術と機能温存        櫻木 範明
子宮がんの放射線療法           早川 和重
再発子宮頸がんとその治療         齋藤 俊章
子宮体がんの早期診断           大和田倫孝
子宮体がんとその治療           梅咲 直彦

私はこうしてる
 診断的子宮頸部円錐切除術        吉田  孝

わが教室における子宮頸がん手術      由良 茂夫

名医が手解き 産科手術の基本手技(7)  平松 祐司

トータルヘルスケアとしての
 更年期医療(11)           太田 博明


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る