産婦人科治療 2007年5月号
特集:産婦人科医に必要な骨粗鬆症の知識−とくにSERMについて−

定価2625円(本体2500円+税5%)


<主要目次>

骨粗鬆症 Up Date  ………………………… 折茂  肇

骨粗鬆症の診断基準 ………………………… 中村 哲郎

内科からみた骨粗鬆症 ……………………… 笠山 宗正

性差からみた骨粗鬆症 ……………………… 菊池  啓

ステロイド性骨粗鬆症とその管理
−SERMを含めて−         ………… 大島 久二

更年期と骨粗鬆症 …………………………… 楢原敬二郎

閉経後骨粗鬆症の治療 ……………………… 小池 浩司

SERMとは−その特長と作用− ………… 谷口 綾亮

SERMとHRT …………………………… 倉智 博久

ラロキシフェンとその生殖器作用 ………… 野崎 雅裕

中高年女性のQOLとラロキシフェン …… 本庄 英雄

女性の健康管理とラロキシフェン ………… 太田 博明

骨粗鬆症治療薬の選択 ……………………… 倉林  工

骨粗鬆症の予防:とくに栄養の観点から … 細井 孝之

わが教室における骨粗鬆症診療の実際 …… 安井 敏之


そのほかの欄

名医が手解き
産科手術の基本手技(12)
帝王切開術(3)         ……………… 平松  祐司
子宮筋腫合併時,
胎位異常(骨盤位・横位)時の
帝王切開術 






カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る