産婦人科治療 2007年9月号 定価2625円(本体2500円+税5%)


特集:子宮頸部の病変とその対策


子宮頸部初期病変の診断 ……………………………………………………………… 久布白兼行
子宮頸部初期病変の取り扱い方 ……………………………………………………… 加藤 久盛
子宮頸部異形成の診断と治療 ………………………………………………………… 植田 政嗣
子宮頸部小細胞癌の臨床成績と病理組織亜分類 …………………………………… 田中 都生
たばこと子宮頸癌  …………………………………………………………………… 長井  裕
30歳未満の子宮がん検診 …………………………………………………………… 二神 真行
HPVおよび細胞診併用の子宮頸がん一次スクリーニング ……………………… 今野  良
子宮頸癌検診におけるHPV検査の意義 …………………………………………… 岩坂  剛
子宮頸部上皮内新生物CINに対する子宮頸部円錐切除術 ……………………… 藤吉 啓造
子宮頸部円錐切除術と術後の妊娠・分娩 …………………………………………… 寺内 文敏
子宮頸部円錐切除術とその合併症 …………………………………………………… 志岐 保彦
子宮頸癌に対する術前化学療法の意義 ……………………………………………… 青木  宏
子宮頸部腫瘍に対する光線力学的療法 ……………………………………………… 武田  理
HPVワクチンと子宮頸癌の予防 …………………………………………………… 吉川 裕之
わが教室における子宮頸部初期病変の管理 ………………………………………… 水本 泰成



手   術
  当科における全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH)の工夫 ………………………… 渡邊まり子

周 産 期
  妊娠高血圧症候群とmagnesium sulfate ……………………………………… 日高 敦夫

ホ ル モ ン
  排卵誘発におけるアロマターゼ阻害剤の臨床応用 …………………………… 玉舎 輝彦

診療の実際
  産婦人科診療におけるフルオープンシステムの試み ………………………… 伏木  弘


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る