産婦人科治療 2009年9月号 定価2,730円(本体2,600円+税5%)

特集 産科救急疾患とその対応−こんな時,どうする?−


産科救急をめぐる諸問題とその対策
 -とくに産科救急のシステム化を中心に-  (海野 信也)

産科救急疾患とその対策  (杉本 充弘)

常位胎盤早期剥離と産科DIC  (伊東 宏晃)

前置癒着胎盤の管理  (村山 敬彦)

弛緩出血とその対応  (竹田  省)

肺血栓塞栓症と羊水塞栓症(産科的塞栓)  (小林 隆夫)

子宮内反症とその整復法  (平野 秀人)

わが国における妊娠関連脳血管障害  (吉松  淳)

分娩時出血と緊急搬送-とくにそのタイミング-  (多賀谷 光)

産褥期の大出血と緊急搬送のタイミング  (川俣 和弥)

産科の出血性ショック-その現状と輸血療法-  (亀井 良政)

産科ショックとその治療  (藤森 敬也)

超緊急帝王切開の実態と問題点  (松井 大輔)

わが教室における産科救急疾患とその対応  (松岡  隆)




今日の問題
 日本におけるHPVワクチンの接種-現況と展望-  (吉川 裕之)

周 産 期
 抗KANNOと胎児・新生児溶血性疾患発症の関連  (森田 恒之)

不   妊
 離島での不妊治療の現状と今後の展望  (阿部  純)

記事広告
 婦人科領域感染症におけるOPATの有用性
  -PC医のためのPID治療方針(案)を含めて-  (三鴨 廣繁)


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る