産婦人科治療 2011年4月号 定価2,730円(本体2,600円+税5%)

特集 新生児医療の最前線
 −産婦人科医が知っておきたい新生児の新知識−


産科医療における「葉酸」の意義  (高橋 恒男)

新生児突然死とその予防  (虫本 雄一)

新生児心肺蘇生法の実際  (田村 正徳)

新生児脳障害とその対策  (冨松 拓治)

新生児マススクリーニングの現状と問題点  (原田 正平)

低出生体重時の長期予後  (伊東 宏晃)

未熟児新生児の黄疸管理  (李  容桂)

新生児側からみたPROMにおける分娩のタイミング  (岩谷 壮太)

新生児の脳波:その基本と最近の知見  (早川 昌弘)

ビタミンK欠乏性頭蓋内出血とその予防法  (白幡  聡)

ウイルスの母子感染について  (山崎 俊夫)

双胎の新生児学的課題  (川本  豊)

SGA性身長症の診断と治療  (田中 敏章)

自己臍帯血による再生医療の最前線−脳性まひなど−  (大野 典也)

早産児に多い小児外科疾患  (奥山 宏臣)

新生児外科の受け入れ態勢−その現状と課題−  (窪田 昭男)



●今日の問題
 内膜症の今日的問題(その2)  (玉舎 輝彦)

●周 産 期
 Preeclampsia発症の蛋白尿は高血圧に続発,または同時に発現する?
  −Gestational proteinnuriaの意義−  (日高 敦夫)



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る