綜合臨牀2002年6月号
(Vol.51 No.6)

(本体価格2,300円)
特集
現代の肝疾患
<展 望>
ウイルス肝炎診療の国際動向に思う 小俣 政男
<解 説>
疾病・死因統計からみた肝疾患の変容 松本 晶博
肝炎ウイルス感染率とキャリア人口 八橋 弘
組織学的に見た肝病変と発癌率 池田 健次
C型肝炎ウイルスの肝細胞に及ぼす影響 法水 淳
<トピックス>
肝炎ウイルスの遺伝子構造 中村 郁夫
C型肝炎ワクチンの開発 松浦 善治
血液透析と肝炎ウイルス 結城 暢一
<慢性肝炎診療マニュアルをめぐって>
肝炎ウイルスの血液感染/母子感染/その他 田中 栄司
慢性肝炎の原因同定から検査法確立まで 佐藤 千史
集検的C型肝炎ウイルス検査の意義と問題点 田中 英夫
高感染率集団に対する措置 井出 達也
無症候性キャリアーに対する措置 安田 清美
ウイルス性肝炎の感染予防 藤山 重俊
<検査と診断> 
慢性肝疾患の原因診断 野口 修
慢性肝疾患の重症度診断と血小板・線維化マーカー 荒木 康之
肝生検組織診断 山田剛太郎
超音波診断 福田 浩之
<ウイルス肝炎の治療>
C型肝炎の抗ウイルス療法−インターフェロン,リバビリン− 笠原 彰紀
B型慢性肝炎へのIFN治療 西口 修平
B型肝炎へのラミブジン治療 熊田 博光
インターフェロンの副作用 伊藤 義人
Peg-IFNおよびPeg-IFN・リバビリン併用療法 平松 憲
肝移植における抗ウイルス薬の意義 鍋島 紀滋
再評価すすむか対症療法 横須賀 収
今月の論壇 少子社会の問題解決に向けて 和田 義郎
グラフ 心エコーの実際(13)心臓腫瘍 弓削 慶子
呼吸器のX線像(2)肺サルコイドーシス 中村 博幸
腹部エコーの撮り方(14)膵疾患の超音波画像(1) 小川 眞広
三次元画像診断(18)骨.関節のマルチスライスCT 福田 国彦

診断・治療の指針

骨髄穿刺(生検)が血液疾患の鑑別に決め手となる場合 岸 賢治
糖尿病性末梢神経障害の診断と治療 藤山 二郎
MCTD重症度の早期診断 多田 芳史
骨代謝マーカーと骨粗鬆症 和田 誠基
救急外来における意識障害の鑑別 溝井 令一
高齢者の基準値をどう考えるか 岡田 健
ストレス脆弱性とその対応 野添 新一
内科医に必要な睡眠障害の知識 清水 徹男
臨 床 遊離型tissue factor pathway inhibitorと大動脈拡張期圧との相関 益岡 弘司
症 例 花粉症後に発病,増悪および再発が見られたバセドウ病の1例 長谷川友規子
綜合臨牀2002年6月号


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る