綜合臨牀 2006年6月号
特集:ここまできた分子標的療法

定価2520円(本体2400円+税5%)


<主要目次>

展   望

 分子標的理論−現状と展望        上田 龍三


分子標的療法の理論

 抗体を用いた分子標的療法        飛内 賢正
 サイトカイン/増殖因子および
  その受容体を標的とした分子標的療法  佐藤 元信
 細胞内シグナル伝達分子を標的にした
  分子標的療法             松村  到
 転写制御分子を標的とした分子標的療法  富田 章裕


トピックス

 分子標的療法の真の治療標的:癌幹細胞  松村  到
 キャッスルマン病に対する分子標的療法  西本 憲弘


分子標的療法の実際

 肺癌に対する分子標的治療        長谷川喜一
 乳癌に対する分子標的療法        青儀健二郎
 大腸癌に対する分子標的療法       安井 博史
 慢性骨髄性白血病の分子標的療法     江副 幸子
 急性骨髄性白血病に対する分子標的療法  木崎 昌弘
 悪性リンパ腫に対する分子標的療法    小椋美知則
 多発性骨髄腫に対する分子標的治療    渋谷  靖
 GISTに対する分子標的療法      中井 紀博
 炎症性腸疾患に対する分子標的療法    矢田親一朗
 関節リウマチに対する分子標的療法    瀧澤 泰伸
 同種造血幹細胞移植後の
  急性GVHDに対する分子標的療法   神田 善伸



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る