綜合臨牀 2007年12月号 定価2520円(本体2400円+税5%)


特集: 日本の医療制度を考える


展  望
 日本の医療制度改革−危機から希望へ  (二木 立)

解  説
 英国の医療制度と日本  (日保田裕子)
 仏蘭西の医療制度と日本  (松田 晋哉)
 日本医療の経済を見る  (長谷川敏彦)
 間違いだらけの「医療改革」  (石原 謙)

トピックス
 安すぎる日本の医師の収入  (細田 泰之)
 がん患者の不満と不納得の構造  (近藤 正晃 ジェームス・他)
 医局制度は本当に悪だったのか  (下村 徳雄)

喫緊の医療政策
 安全保障と産業政策の観点からみた日本の医療費  (古川 俊治)
 医療は戦略産業—医療インフラの整備なくして経済発展はありえない  (大村 昭人)
 国民のための公的医療—その再建策と具体案  (井上 清成)
 地域を守る自治体病院を潰すな  (毛利 博)
 医療安全の改善には医師不足と医療費不足の解決が必須  (篠原 一彦)
 救いようのない医療現場を救うためには  (鈴木 厚)
 新医師臨床研修制度が医師偏在を加速している  (久野 梧郎)
 世界からみた日本のがん医療−がん対策基本法にみる日本のがん医療の課題  (谷水 正人・他)
 医療事故に対する新聞報道の偏りの検証  (鈴木 龍太・他)
 医療報道に関する新聞の立場  (田辺 功)
 医療格差の現状と課題  (川渕 孝一)

医療制度と経済各論
 医療と市場化  (横山 壽一)
 医療費亡国論の功罪  (本田 宏)
 日本の診療報酬の決定プロセスとその妥当性−パフォーマンス分析と適正化ツールの検討  (田倉 智之)
 医療特区の光と影  (田中 忠一)
 米に垂れ流される日本の医療費  (本山 美彦)



今月の論壇
 専門医制度と医学系大学院  (堀 原一)

診断・治療の指針
 メタボリックシンドロームと運動療法  (勝川 史憲)
 糖尿病黄斑症の治療  (北野 滋彦)
 急性虫垂炎を見逃さないために  (石川 廣記)
 プリオン病  (大林 正人・他)
 乾癬の疫学と治療−最近の知見  (川田 暁)
 眼表面の再構築  (稲富 勉・他)

グ ラ フ
 超音波で診る心疾患 21.心エコー・ドプラーによる心機能の評価  (鬼木 俊行)
 間違いだらけの超音波検査・診断 13.脾腫と胆道ジスキネジー  (辻本 文雄)
 消化器のX線診断 1.食道癌  (岡本 晋・他)

症  例
 レボフロキサシン投与にて高度低血糖発作を起こし、その後32日間降血糖療法を要しなかった糖尿病症例  (梅木 茂宣・他)

Vol.56後期総目次・索引


カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る