綜合臨牀 2008年6月号 定価2520円(本体2400円+税5%)


特集: 肝がん撲滅へ向けて


展   望

 肝がん撲滅への取り組みと今後の課題  (林  紀夫)

解   説
 肝がんの疫学と今後の動向  (島  俊英・他)
 肝炎ウイルスと肝発がん  (小池 和彦)
 NASHと肝細胞癌  (橋本 悦子)
 肝がんと境界病変  (中島  収・他)

トピックス
 トランスクリプトーム  (本多 政夫・他)
 鉄と発がん  (大竹 孝明・他)
 肝がんに対する分子標的療法  (沖田  極)

肝がんの診断・治療の現状と最近の進歩
 ハイリスク群の囲い込みとその管理  (佐藤 新平・他)
 画像診断−最新の進歩と診断のコツ  (中矢 泰裕・他)
 超音波診断  (森安 史典)
 肝がん治療選択のアルゴリズム  (工藤 正俊)
 局所療法の実際と治療上の工夫  (泉  並木)
 肝動脈化学塞栓療法(TACE)  (高安 賢一)
 肝がんに対する放射線治療  (田口 大志・他)
 化学療法  (永野 浩昭・他)
 肝切除術の現状と展望  (今村  宏・他)
 肝細胞癌に対する肝移植  (山田 貴子・他)
 再発予防への戦略−インターフェロンと非環式レチノイド  (清水 雅仁・他)





今月の論壇
  遺伝学的検査−その倫理的、法的、社会的問題  (松田 一郎)

診断・治療の指針
  ワクチンのこれから  (中山 哲夫)
  肺癌−最近の動向  (宮島 邦治・他)
  再発乳癌の治療  (池田  正・他)
  緩和ケアチームの現状と課題  (下山 恵美・他)
  小児の炎症性腸疾患  (大塚 宜一)
  聴神経腫瘍の診断と治療  (橋本  省)
  メンタルヘルスとサイコセラピー  (市来 真彦)

グ ラ フ
  入門心エコー達人への道
   6.拡張型心筋症  (川久保幸紀・他)
  他科の医師のための肺癌X線像
   4.濃い肺野孤立性陰影 (石灰化像も含む)  (釼持 広知・他)
  消化器のX線診断
   5.胃MALTリンパ腫  (鈴木 秀和・他)
  ここまで分かる消化器の超音波診断
   6.膵疾患(EUS)  (坂本 洋城・他)

臨床病理カンファレンス
  1.B型肝炎と肝細胞癌  (久保 正二・他)

臨   床

  造血器腫瘍の診断と治療  (宮腰 重三郎)



カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る