綜合臨牀 2009年増刊号 定価8,610円(本体8,200円+税5%)


今すぐに役立つ 輸液ガイドブック





 輸液療法は,第一線の臨床医から,初学者,研修医およびコメディカルの医療スタッフまで日常臨床の場でごく一般的に携わる治療法となっており,必ず身につけておきたい知識と技術である.今回,本特集ではその輸液の知識・技術を確実に習得できるよう企画した.
 内容は輸液を正しく理解し臨床の場で役立てていただけるよう,生理学総論より説き起こし,日常の診療に直結する各疾患急性期の輸液,維持・栄養輸液と経腸栄養,また血液製剤の情報までを網羅.診療室の座右に必要不可欠な最新の輸液指南書となっている.


I.生理学総論

 1)水バランス       飯野 靖彦
 2)体液,細胞内液,細胞外液の考え方
               北岡 建樹
 3)浸透圧バランス     永路 正明
 4)電解質バランス
  (1)Naナトリウム   井上  徹
  (2)Kカリウム     安田  隆
  (3)Caカルシウム   福本 誠二
  (4)Pリン       山内  淳
  (5)Mgマグネシウム  瀧  史香
 5)酸塩基平衡       森田 達仁
 6)必要な栄養,ビタミン,微量元素
               藤山 佳秀


II.急性期疾患の治療を目的とした輸液 

A .総 論
 1)急性期と慢性期の輸液の目的の違い
               宮木明日美
 2)輸液の種類とその使い分け
               伊藤  功
 3)Na,浸透圧,Volume異常の検査データ
   の読み方と補正開始前に最低限なすべ
   きこと         杉本 俊郎
 4)電解質(K, Ca, P, Mg)異常の検査デー
   タの読み方と補正開始前に最低限なす
   べきこと        櫻田  勉
 5)酸塩基平衡異常の検査データの読み方
   と鑑別診断,補正開始前に最低限なす
   べきこと        内田 俊也
 6)利尿薬の種類と具体的な使用法
               石光 俊彦
 7)ドーパミン,ドブタミンの具体的な
   使用法         内匠 拓朗

B .各 論
 1)嘔吐,下痢などによる脱水の是正法
               小原まみ子
 2)心肺蘇生 (ACLS) 時の輸液
               前川 邦彦
 3)出血,ショックの輸液  内田 靖之
 4)クラッシュ症候群,横紋筋融解症の
   輸液          岸  正司
 5)熱中症,低体温症の輸液 宮国 泰彦
 6)熱傷の輸液       田中 秀治
 7)アナフィラキシーの輸液 今村  充
 8)急性中毒の輸液     吉岡 敏治
 9)ビタミンD中毒ならびに高Ca血症に
   伴う急性腎不全の輸液  白石 直樹
 10)Na濃度の異常の鑑別と是正
               石川 三衛
 11)カリウム濃度異常の鑑別と是正の方法
               山口 純奈
 12)Ca, P, Mg濃度の異常の鑑別と是正
               駒場 大峰
 13)糖尿病性ケトアシドーシス,高浸透圧
   性昏睡の是正      三田 智也
 14)乳酸アシドーシスの輸液 中澤 英子
 15)代謝性アルカローシスの輸液
               伊藤 恭彦
 16)急性腎不全の輸液    金子 哲也
 17)腎後性腎不全回復期の輸液
               高市 憲明
 18)造影剤腎症の発症予防を目的とした
   輸液          今井 圓裕
 19)腎移植後の輸液     加藤 大悟
 20)副甲状腺摘除術後の輸液 冨永 芳博
 21)急性心不全の輸液    土肥 智貴
 22)脳卒中に対する輸液   大槻 俊輔
 23)静脈血栓症の輸液    松尾  汎
 24)喘息発作時の輸液(成人)藤森 勝也
 25)急性肺損傷ならびに肺炎時の輸液
               篠田 裕美
 26)急性副腎不全(副腎クリーゼ)の
   輸液          寺澤 秀一
 27)急性膵炎の輸液     横田順一朗
 28)劇症肝炎の輸液     山田 雅哉
 29)イレウス時の輸液    石橋 生哉
 30)早産児の輸液      鳥飼 美穂
 31)妊娠高血圧症候群における輸液
               長谷川 元
 32)眼科的緊急疾患の輸液  鴨下  衛


III.維持輸液,栄養輸液,経腸栄養

A .総 論
 1)栄養総論,年齢や疾患別の必要量
               土師 誠二
 2)栄養輸液,経腸栄養の種類と適応
               山東 勤弥
 3)維持輸液,栄養輸液,経腸栄養の組立
   と具体的な導入法    鷲澤 尚宏
 4)中心静脈栄養,末梢静脈輸液,経腸栄
   養の具体的なラインの管理法
               飯島 正平
 5)維持輸液,栄養輸液,経腸栄養時のパ
   ラメータの具体的なモニター(Volume,
   栄養,ビタミン,電解質,バランスシート)
               渡辺 裕輔
 6)維持輸液,栄養輸液,経腸栄養の合併
   症,犯しやすい配合禁忌とその対処
               深津 敦司
 7)維持輸液,栄養輸液,経腸栄養のイン
   スリン使用の実際    佐藤 千景
 8)脂肪製剤使用の実際   末廣 貴一

B .各 論
 1)一般的な維持輸液,栄養輸液,経腸栄
   養の実際        小山  諭
 2)腎不全(保存期)    宗本 将嗣
 3)心疾患症例における輸液療法
               筒井 裕之
 4)肝疾患症例−注意点,具体的メニュー,
   コンサルトを受けた具体例と対処法 
               与芝 真彰
 5)糖尿病症例−注意点,具体的メニュー,
   コンサルトを受けた具体例と対処法 
               入宇田能弥
 6)DIC時の治療および維持輸液,栄養
   輸液,経腸栄養の実際  真弓 俊彦
 7)周術期 (消化器外科領域) の維持輸液,栄
   養輸液,経腸栄養の実際  比企 直樹
 8)周術期 (心臓外科領域) の維持輸液,栄養
   輸液,経腸栄養の実際   河内 寛治
 9)小児,新生児の維持・栄養輸液と経腸
   栄養−注意点,具体的メニュー,コンサル
   トを受けた具体例と対処法
               白石  淳
 10)妊産婦の輸液      福岡 秀興
 11)高齢者の維持・栄養輸液と経腸栄養−
   注意点,具体的メニュー,コンサルト
   を受けた具体例と対処法 葛谷 雅文
 12)外来における栄養輸液の実際(間欠的
   カロリー補給,在宅栄養) 行田 泰明
 13)終末期がん患者に対する輸液治療
               森田 達也
 14)透析患者の維持・栄養輸液と経腸栄養
   −注意点,具体的メニュー,コンサルトを
   受けた具体例と対処法  長澤 康行


IV.血 液 製 剤

 1)血液製剤の種類と適応  松村  到
 2)輸液療法の実際     万木紀美子
 3)FFP,アルブミン製剤使用の実際
               北薗 雅敏
 4)免疫グロブリン製剤,血液凝固因子製
   剤,アンチトロンビンIII製剤使用の実際
               松田 直之

●生化学データmol,mEq,mg換算表
               川田 典孝

カートに入れる 前のページに戻る ホームに戻る